まじコン.com代表挨拶

婚活なんてやめちゃって。本物の恋を探しに行こう!

kiiko
栗原 希以子
1966年生まれ
離婚歴1回
44歳で再婚し、45歳で妊娠して出産、1児の母

この「まじコン.com」を起ち上げるきっかけは、私の再婚願望です。
32歳で離婚後、幸か不幸か飲み友達・遊び友達に恵まれ楽しく自由気ままな生活を送ってきました。
38歳になった時、「このままでいいのだろうか?」と今更ながら真剣に自分の将来について考えました。
仕事も不安定、子供もいない、結婚する相手もいない・・・
周りの友人達と一緒の気になって楽しく好きな事をして過ごしてきたけれど、その友人達が持っているものを私は何一つ持っていませんでした。
それなのに何もせず、ジュリーの歌じゃないですが、時間の過ぎゆくままに日々だらだらと生きてきた自分を「アホだ。。。」と思いました。
「このままじゃいけない!」そこから私の婚活(その当時はそんな言葉はなかったような気がしますが・・・)が始まりました。

私の婚活は何一つ良い思い出がありません。
お金をかけずに、友人の紹介で・・・なんて限界がありました。

何もかも思い通りにいかない人生最悪の時期、私が感じた事。
「自分と同じ想いの人と、もっと気楽に出逢える場所があったらいいのに・・・」
この想いがまじコン.comのきっかけとなりました。

よく聞かれますが、まじコン.comはまったく儲かりません。
暇だからやっている訳でも、主婦が趣味でやっている訳でもありません。
ただ「自分の年齢に焦りを感じながらも、将来を一緒に歩いて行ける相手に巡り合わない・・・」少し前の私と同じ想いの人たちの為に頑張ってます。

自分ひとりが一生懸命頑張ってもどうにもならない現実に対してどうにかしようと日々もがき、周りの人の幸せを素直に喜んであげられるような余裕がなかった時期が私にはありました。
その頃は、私にとってはとても辛い期間でした。
そんな時期を過ごしてほしくないから、まじコン.comを起ち上げました。

私がそのつらい時期から抜け出せたのは、「すべては自分の心次第なんだ!」と気が付いたからかもしれません。

周りの景色や人が変わったのではなく、自分が変わったからです。
自分の気持ち次第で、幸せにも不幸にもなるって事を実感する事ができました。

私は今、結婚して子供も1人いるけれど、結婚したくてもできない、子供を産みたくても産めなかった時の想いは、しっかり私の心に刻みこまれています。
絶対に忘れません。

信じて想い続ければ、必ず「想い」は叶います!
実際に私がそうだったから・・・(^^)

スポンサーリンク