結婚や家庭。大人になる前に想像していた自分の未来

結婚や家庭。大人になる前に想像していた自分の未来

TVを見ながら、一緒に踊って歌っている無邪気な子供の姿を見て「子供の頃っていろんな意味で素直だなぁ・・・」と思いながら、フッっと、私が10代の頃は「いつかは結婚して家庭を持つのが当然のこと」だと思っていたなぁ。。と思い出しました。
まさか、結婚を2回するとも、同級生がおばあちゃんになる年齢で自分が初めて子供を産むとも思っていませんでした。

まだ30代の頃、同級生の男性に言われた事があります。
「まさか、お前がまだ独りでいるとは???」
私の周りでは、30代まで結婚しないで残っている女性は、ほんのわずかでした。
私が飲んだくれている頃、みんなは子育てに一生懸命というそんなズレてる30代を過ごしてきました。

きっと、このブログを読んでいるみんなも同じで、自分が想像していた未来の自分は今の自分ではなかったはず。
自分の未来なんて子供の頃、考えた事がないっていう方もいるかもしれませんが。。

結婚するのがあたりまえ、結婚したら子供を産むのがあたりまえ、長男(長女)だから親と同居があたりまえ、結婚したら男が稼ぐのがあたりまえ、家事は女性がするのがあたりまえ・・・

こんなあたりまえは、全然あたりまえではないと私は思います。
皆さんもそう思いませんか?

結婚は大人になったらあたりまえにするものじゃなく、自分のこれから先の人生を豊にする為のもの。
子供は神様からの授かりもので、授からなければそれ以外にもっと大きなプレゼントを神様が与えてくれるはず。
同居をしなければならないのは親の面倒?家賃? 貴方はなんの為に生まれてきたのか?親の面倒見るため?お金を貯める為?幸せに生きる為?
男が稼いで女が家事をする・・・できる人ができる役割をすればいいだけの事だと思いませんか?

あたりまえに縛られて、ずっと独りで無難で平穏な人生を選ぶか、辛い事も苦しい事もあるけれどそれ以上の喜びと幸せを実感できる人生を選ぶか・・・
どちらを選ぶかはその人の価値観によって、分かれてくるのだと思います。
無難で平穏な人生の方が魅力的だと思うのなら、婚活じゃなく、老後の資金をためる為に活動した方が得策だと思います。

「案外、結婚なんてありえない相手とするものだよね。。」と、先日、私とグッチ2号の意見は一致しました。
もしかしたら、これから結婚する皆さんもそうかもしれません。
ありえない相手とは、パートナーとして見ていない相手、自分の許容範囲外の相手・・・

アラフォーの年代にはアラフォーだからできる結婚があると思います。
それは、経験から想像してダメ出ししたり、外見条件重視だったり、金銭面で頼る相手ではなく、これからの自分の将来像を一緒に実現してくれるパートナーとの結婚。。

人生は何が起こるかわかりません。
何かが起こった時に、無償の愛で助けてくれる人、助けたいと思える人。
そんな心から愛してくれる、愛せる相手とめぐり会えて結婚できたら、ありえない相手だろうがなんだろうが、幸せな結婚だと私は思います。

これからの自分の未来像を想像してみてください。
今度はしっかりその未来像を忘れずに脇見をしないで進めば、必ず思い描いた通りの未来となるはずです。
ただし、その未来像には見栄と欲望が入らないように注意が必要かな?!